ライターになって記事作成をしてみよう

インターネットの普及で需要が高いライター

ライターは文を書く人が好きな人に向いている仕事です。一日に何記事も記事作成をし、入稿していきます。仕事はインターネット、雑誌などありますが現代ではインターネットが非常に普及しており、その分ライターの数も増えていて需要があります。本格的にやるのであればかなり忙しくなることもありますが、合間にライターの仕事をする分であれば好きな記事だけ選んで入稿することができるので、時間がないけどこつこつ稼ぎたいという人におすすめです。

なにから初めていいかわからない場合は

ライターの仕事をしてみたいけれど、自信がなくどうやって始めたらいいか分からないと初めのうちは思うことでしょう。不安な人は、まずはnanapiなどで執筆し練習してみましょう。登録は無料ですし、書き方もフォーマットに沿ってできるので初心者におすすめです。まずはいろいろな人が書いている記事を読んで参考にしていきましょう。人気であり、起承転結や読み手の誘導など書き方が上手な人の記事を読むことをおすすめします。

求められる記事を書くために必要なこと

記事作成は自己満足に文を書いていくのではなく、読み手、または依頼者がどんな記事を望んでいるのか想像することから始めます。求められる記事をもらえると次もこの人に頼もうと依頼者も思い、仕事が続いていくこともあります。まずは興味のある記事でいいので何記事も書いていき、慣れるまでは練習してみましょう。オールアバウトなども参考にすると書き方が分かってきますので、どんどんいろいろなサイトを閲覧し力をつけていきましょう。

記事作成で最も重要なのは、提示されたルールに従うことです。ルールをよく読み、従い、そして誤字脱字に注意した記事作成を心がけます。